アスロング 成分 解析

投稿日:

アスロングの成分と安全性

シャンプーって肌に触れるものだし、毎日使うものだから成分の安全性や副作用がないかも気になりますよね。

この記事では、アスロングの成分について詳しく解析してみました。

結論からいうと、アスロングは毎日安心して使えるシャンプーでしたよ♪

アスロングオーガニックオイルシャンプー&トリートメントの成分は?

アスロング オーガニックオイルシャンプー&トリートメント

アスロングの特徴

  • 育毛などで注目成分のキャピキシル配合
  • 10種類以上の天然系オーガニックエキスの洗浄力
  • ベビーコラーゲン、アミノ酸、ヒアルロン酸を含む「たまご」の保湿力
  • 浸透力のたかいアボカド・アルガンオイル
  • 紫外線ダメージから髪を守るリンゴ果実エキス

天然系成分を使用して、髪に潤いを与えつつ、ダメージケアもしてくれるアスロング。

気になる洗浄成分についても、詳しくチェックしていきましょう。

アスロングの洗浄成分はラウレス硫酸だけど大丈夫なの?

アスロングの洗浄成分

ラウレス硫酸のシャンプーというと「洗浄力が高くて髪や頭皮に刺激が大きい」というイメージがありますが、頭皮に特別な問題を抱えている場合でなければ、ほとんどの方が安全に使えると言えるそうです。

こちらの美容室のブログでも、ラウレス硫酸への誤解についてまとめられていました。

参考:美容師がシャンプーの成分『ラウレス硫酸na』についてまとめてみた | Ribelt

洗浄成分はラウレス硫酸だけでなく組み合わせでできている

ラウレス硫酸は洗浄力が高いですが、アスロングの洗浄成分はそれだけではありません。

洗浄力の高い成分と、洗浄力が低いけど保湿感の高い洗浄成分を組み合わせて作られています。

アスロングの場合も、低刺激なコカミドDEA、コカミドプロピルベタインなどを配合し、洗浄力と保湿力のバランスをよくしているんですね。

洗浄力不足が髪への負担になる場合も

アミノ酸シャンプーなど、低刺激だけど洗浄力が弱いシャンプーもブームになっていますよね。

ですが、洗浄力が弱いシャンプーは泡立ちが悪いというデメリットもあり、シャンプー中に摩擦が起きやすく髪に大きくダメージを与えてしまうこともあります。

ラウレス硫酸Naは、気泡性が高く泡立ちやすいため、髪への摩擦を少なく洗うことができるんです。

また、シャンプーの洗浄力が足りないと、皮脂や汚れが落とせず毛穴が詰まり、薄毛や匂い、ベタつきの原因になる場合も。

やっぱりシャンプーの役割は洗うことなので、適度な洗浄力は必要なんですね。

アスロングの洗浄成分以外の成分は?

アスロング シャンプーの成分の特徴

アスロングには、洗浄成分以外にも注目しておきたい髪に嬉しい成分がたっぷり配合されています。

キャピキシル

頭皮ケア成分のキャピキシルは、育毛でいま注目されている成分です。

キャピキシルには、リアップなど有名育毛剤に含まれる成分の「ミノキシジル」の3倍もの育毛効果が期待できると言われています。

キャピキシルは成長因子の「アセチルテラトラペプチド-3」と植物エキス「アカツメクサ花エキス」を合わせて作られた天然成分のため、副作用などの心配も低いのが特徴。

健康な髪を育てるには、土壌である頭皮のケアは必要なので、頭皮をケアで注目されている成分がアスロングに入っているのは嬉しいですね。

加水分解卵殻膜

アスロングを使用後もきしまず、髪に潤いを与えてくれるのが【加水分解卵殻膜】の働きです。

卵殻膜とは、卵の殻と白身の間にある0.07mmの薄い膜で、アミノ酸やヒアルロン酸などが豊富に含まれています。

保湿力・保水力が高いため、スキンケア商品にも使われている人気の成分で、頭皮や髪の潤いを保ってくれます。

リンゴ果実培養細胞エキス

抗酸化力が強く、皮膚のコンディショニング成分として化粧品にもよく使われている「リンゴ果実培養細胞エキス」も配合されています。

リンゴ果実培養細胞エキスは抗酸化力が強い幹細胞エキスで、幹細胞とは「ダメージを受けた細胞を再生させる働きのある細胞」をいいます。

ダメージを受けた髪や頭皮のコンディショニングを整えてくれるだけでなく、紫外線ダメージから保護する働きもあるんです。

アスロングのトリートメントの成分は?

アスロング トリートメントの成分の特徴

シャンプー自体も保湿力が高く、しっかり洗っても髪や頭皮の潤いを奪わない成分で作られていますが、トリートメントを使うことでさらに潤いをアップすることができます。

アスロングのトリートメントの成分もチェックしてみました。

アボカド&アルガンオイル

栄養価の高いアボカドのオイルと、浸透力の高いアルガンオイルが配合されています。

髪の毛の内部に潤いが届いて閉じ込め、内側からツヤを感じられる髪を作ってくれます。

リンゴ果実エキス

シャンプーに配合されていた、リンゴ果実エキスがトリートメントにも贅沢に配合されています。

トリートメントで髪の表面をケアすることで、紫外線ダメージもより防げそうですね。

アスロングの副作用やアレルギーは大丈夫?

アスロングの副作用やアレルギー

アスロングは、基本的には、副作用の心配や危険性が低いので安心して使えるシャンプーです。

ですが、化粧品とお肌の相性があるように、アスロングが合わないという人もいます。

アスロングが合わない人についてまとめてみました。

頭皮の乾燥がひどい方にはおすすめできません

アスロングは皮脂や汚れをしっかり落としても、潤いを保てるように保湿力の高い成分も配合しています。

ですが、シャンプーの中では洗浄力が高い部類なので、頭皮の乾燥がひどい方にはおすすめできません。

乾燥してフケやかゆみがある場合は、アスロングよりも洗浄力が弱いシャンプーを選ぶのがおすすめです。

卵アレルギーでも使える?

卵の成分を使っているので、卵アレルギーの方はアスロングを使いないのでは?と不安な方もいるかと思います。

卵のアレルギーを引き起こす物質は、卵黄に存在していて、卵殻と膜にはアレルギー因子は少ないと言われています。

また、シャンプーは基本的には髪や頭皮の洗浄をするものなので、肌に残る成分は少ないです。

お肌が敏感で不安な方は、パッチテストを行なってから使用することをおすすめします。

ノンシリコンなので髪のダメージがひどすぎる方も×

アスロングはノンシリコンシャンプーです。

ブリーチやパーマを繰り返してダメージがひどく傷んでいる髪には、ノンシリコンシャンプー自体が摩擦が起きやすくおすすめできません

まずは、シリコン入りのシャンプーを使って摩擦を軽減しながら、髪の表面のダメージを回復させるのがおすすめです。

アスロングの成分解析!まとめ

ポイント

  • 汚れや皮脂をしっかり落とす洗浄力
  • 高保湿の加水卵殻膜、高浸透力のアルガンオイル、アボカドオイル
  • 頭皮ケア成分で注目のキャピキシルが配合
  • 抗酸化力が注目されているリンゴ果実エキスで髪をコンディショニング

アスロングは洗浄力と保湿力のバランスがいいので、汚れをしっかり落として頭皮を健やかに保ちつつ、髪には潤いを与えてくれるシャンプーです。

ちょっと高いな〜って思ってたけど、これだけ注目成分が配合されているからお値段だけでなく品質も高いってことですね。

私が実際に使ってみたレビューや写真や、アスロングの口コミはこちらにまとめているのでよかったらチェックしてみてくださいね。

⇒アスロングの口コミ&レビュー

Copyright© アスロング 口コミ , 2019 All Rights Reserved.